打掛の種類にはどんなものがあるのか?

打掛や白無垢をどのように選べばいいのか?その秘訣は?和装挙式を考えているならば必見情報

純白のウエディングドレスはゴージャスで憧れがあるのですが、さすがに食傷気味なのか?最近は日本人ならではの和装挙式の人気が上昇中。両方とも捨てがたいならば、結婚式の前撮りで和風を採用してもいいでしょう。着慣れない和装でも、前撮りならば撮影の間だけの着用でいいのです。ステキな写真にしておけば一生の思いでになるでしょう。
  • 今回は【白無垢・打掛の魅力や選び方のポイント】についてまとめておきましょう。
 
⑴白無垢は実際に羽織ってみてフィット感を確かめましょう!
 
日本の伝統的な婚礼衣装の代表格が「白無垢」です。純粋無垢な気持ちになれるのは、真っ白い色だからでしょう。しっかり見てみると、純白のものから生成りのものまでさまざま。色味の違いがありますが写真撮影をしたときに違いはそれほどわかりません。色味は大して大きな要素ではありませんので、羽織ってみたときの直感を大事にするといいです。縁取り・裏地・刺繍などの違いがあります。それほど大きなデザインの違いはないでしょう。
 
 
⑵打掛は顔映りの良さを確認するといいでしょう!
 
柄や色によって印象が違います。王道は赤い色打掛。大人っぽい雰囲気の花嫁さんならば黒地ものが似合います。華やかさを演出したいならば金地の色打掛はいかがですか?花嫁さんが持っているイメージで色を決めるといいでしょう。迷った場合は、顔映りが良いかどうかで判断してもいいでしょう。
 
和装の結婚衣装は洋服とはまったく違う印象を演出できます。日常生活で赤い服を着ない場合でも、赤の打掛が似合うこともあります。黒の服を着こなしていても、黒の色打掛が似合わないこともあるのです。
 
気に入った柄や色がきつかったら、まずは羽織って見ること。鏡の前に立ってみると雰囲気がわかります。可能ならばご家族・お友達・レンタルショップのスタッフなど第三者に見てもらって判断しましょう。なかなか顔映りの良さは自分では判断できなかったりします。